シバタのUFBテクノロジー

シバタのウルトラファインバブル発生エンジンが選ばれる理由

ウルトラファインバブル発生エンジンは「ウルトラファインバブル(UFB)の発生装置を選定時の判断基準①~⑦※」の全てに適合し、
さらに株式会社シバタの独自の特徴として⑧~⑩にも対応することで
多く企業から支持を得られています。

※ウルトラファインバブル(UFB)発生装置の選定に当たって重要とされる指標
経済産業省 九州経済産業局 より

1装置の価格

シバタ製ウルトラファインバブル発生エンジンは他社製品に比べ価格は非常に安価に導入が可能

・量産化により安価提供を実現
・ポンプ機能付きは既存ポンプにUFBの付加価値の追加が可能 

製造
会社
シバタ製
ウルトラファインバブル
A社 B社 C社 D社 E社
方式 キャビテーション式 旋回液流式、
エゼクター式、
ベンチュリ式
加圧溶解式
超音波振動式
混合蒸気直接
接触接触凝集式
超微細孔式 静止型混合(ラモンドミキサー)
価格 ・標準品:数万円/個 程度〜

さらに、量産化で
数千円/個 程度も可能

・ポンプ機能付き:10万円
数10万円~ 数100万円 数1000万円 100万~
500万円
150万~
500万円
↓

2装置のメンテナンス

標準品(ウルトラファインバブル発生エンジンのみ)
メンテンスフリー
  • “装置”ではなく“部品”で供給するためメンテナンスは不要。
  • 目詰まりが起きた場合は、逆洗で解消が可能です。
丸山製UFBポンプ
特別なメンテナンスは不要
従来のポンプと同様のメンテナンスのみで可能。
↓

3気泡径のピーク・分布
4気泡密度、濃度

・約100nmのウルトラファインバブルを中心に生成

・気泡の大きいマイクロバブル(1〜100μm未満)の発生は殆ど無し
水が白濁せず無色透明

↓

5発生量

水道圧で非常に多くのナノバブルを発生。

ポンプで加圧すれば、ナノバブル発生個数、流量とも増加させることができます。
全て1Pasでの発生量

規格モデル
エンジン型式 水圧(ポンプ圧) 5Mpa 3Mpa 2Mpa 1Mpa 0.4Mpa 0.3Mpa
3M20L
(U30N)
流量(L/min) 29.8 23.4 - 11.3 8.7 8.6
ナノバブル数
(百万個/mL)
300 230 - 200 100 80
専用モデル(高圧低水量)
※噴霧器用オーダーメイド品
エンジン型式 水圧(ポンプ圧) 5Mpa 3Mpa 2Mpa 1Mpa 0.4Mpa
2M2L 流量(L/min) - 2.3 1.7 1.1 0.3
ナノバブル数
(百万個/mL)
- 330 200 160 60
↓

6生成時間

1Pasでナノバブルの精製が可能。
UFB発生エンジン通過時に瞬時に精製ができます。

↓

7消費エネルギー

・水道圧から使用可能。

・ガスの加圧は必要なし(原水のガスをUFB化します)。

↓

8装置のサイズ

最小1cm程度〜
シバタ製ウルトラファインバブル発生装置は小指の爪程度のサイズと非常に小さいため、
あらゆる製品に組み込み可能。

↓

9測定環境

UFB測定器は非常に高価なため、
UFBを開発する企業は外部へ測定を依頼することが多くあります。

株式会社シバタではUFB測定器として精度の高い測定ができるとして活用される
「島津製作所製ナノ粒子径分布測定装置SALD-7500nano」を保持しています。
お客様のニーズに応じて素早くUFB測定し提案を行っております。

↓

10設計変更

・製品のスペックに応じて圧力・流量の調整が可能。
・流体シュミレーターを駆使し、開発時間を短縮できます。

オーダーメイド設計 マトリックス

製品・技術に関するお問い合わせはこちら

ファインバブル・水処理事業

資料請求

電話窓口

ファインバブル事業部

TEL. 0568-54-8080

受付時間 9:00〜17:00(受付時間)

ページトップへ戻る